クリエイティブメディア出版

最新記事

宮田修
NEW!

2024/05/20(月) 09:50

宮田修

ジャーナリスト えほん作家

薫風や 絆ふかめて 朋ありて...

15日から3泊4日の日程で半年ぶりにモンゴル訪問しました。 大相撲モンゴル出身力士のパイオニアで、モンゴル指折りの実業家として活躍中のダバー旭鷲山バトバヤル会長が、2000台収容の屋内中古車センター「HorseMorters」をウランバートルの一等地に堂々オープンしたのに合わせて訪問。久しぶりに、仕事の話や新規事業の話など旧交を温めてきた。 すでに中古車センターには、モンゴル国内で人気ナンバーワンのトヨタプリウスや、高級車ランドクルーザー、高級車レクサスや、欧米などの高級車など1000台がラインアップ。 施設内には、国の自動車認可関係機関や銀行など金融機関窓口、カー用品会社なども併設され、その […]

国広ジョージ
UP

2024/05/17(金) 09:05

国広ジョージ

環境治療・建築家/国士舘大学名誉教授

今夜はここ。...

これから深夜便に乗り、ドーハ経由でチュニジアの首都チュニスに向かいます。目的は国際建築家連合(UIA)定例評議会への出席とチュニジア建築家協会50周年大会への出席ですが、久し振りに新たな未訪問国家に入国できることに興奮気味になっています。僕として71ヶ国目となります。それでは行って参ります Tonight, I am ready to fly to Africa. I will now board a late night flight to Tunis, the capital of Tunisia, via Doha . The purpose is to attend the month […]

大和田龍之介
UP

2024/05/13(月) 17:54

大和田龍之介

ホラー&ミステリー作家

あのイロは・・・不吉な前兆...

太陽フレアの影響により日本各地と世界でも現れた赤いオーロラ・・・最初に見たのは北海道での深紅に近いオーロラである・・・ 赤は自分にとっては華やかに感じるイロではない。 温かみがあるイロなのだが、最初に感じるのは・・・感覚的にいえば、一歩引いた状態になる・・・緊張、それから妖しい・・・といった感じだろうか。白や黒、青やその他色の種類に比べて位置づけが最初から違う・・・ 昔からイロには敏感だった・・・ホラーやミステリーでは赤は決して外すことのできないイロなのだから。 そして・・・数日前のあのイロのオーロラ・・・非常に不吉な感じである。 あの赤いカーテンを現地で直視できる勇気は自分にはない・・・ネッ […]

浦上原天
UP

2024/05/09(木) 13:20

浦上原天

キノコ雲の下から、さあもう一度(改訂版)執筆中

長崎に原爆が投下された当時、父は40歳でした。...

浦上原天です。 「キノコ雲の下から、さあもう一度(改訂版)」(ナガサキ・被爆家族の願い)の出版を決意したきっかけについてお話ししたいと思います。 「キノコ雲の下から、さあもう一度(改訂版)」の原文は、私の父の原爆被爆体験談に拠ります。 長崎に原爆が投下された当時、父は40歳でした。 私の父は「ナガサキに原爆が投下され、被爆し、家族の多くが皆死んでしまった。私も被爆死した家族と共にいっそのこと死んでしまいたかったのに。だが私は死ぬことすらできず、生き残ってしまった…」という無念というかなんと申しますか、とても複雑な思いを語っていました。 生き残ってしまった父にとっての「生きている意味」、それは「 […]

出版大賞事務局
UP

2024/05/05(日) 15:42

出版大賞事務局

第9回出版大賞

書籍化決定!第9回出版大賞「最優秀部門賞」受賞作品「ピールオフ」*益薗麻...

「第9回出版大賞」事務局でございます。 受賞作の書籍化が決まって参りました。特設サイトにて随時ご紹介して行きたいと思います。お楽しみに。 *書籍化決定 第9回出版大賞「最優秀部門賞」受賞作品「ピールオフ」*益薗麻美さんの作品の書籍化が決定です。 受賞作品は、紙書籍での出版及び、電子書籍は、Apple社、Google社、Amazon社の3つのプラットホームからの出版を予定しております。 益薗麻美さんの今後の活躍を期待致します。 クリエイティブメディア出版出版大賞事務局 【お問合せ】 LINEから登録

えほん・児童書大賞事務局
UP

2024/05/03(金) 10:11

えほん・児童書大賞事務局

「えほん・児童書大賞」

「えほん・児童書大賞」受賞の皆様へ賞状の送付開始のお知らせ...

「えほん・児童書大賞」事務局です。大変お待たせいたしました。 *賞状送付を開始 受賞作家の皆様へ賞状の送付を開始致しました。 受賞作家の皆様へは、順次ご挨拶を差し上げております。お待たせしております著者の皆様にも順次ご連絡差し上げますのでもう少々お待ち頂ければと思います。 また、受賞作品の書籍化決定につきましては特設サイトにて発表となります。宜しくお願い申し上げます。 クリエイティブメディア出版「えほん・児童書大賞」事務局 【お問合せ】 LINEから登録

ホラー&ミステリー出版事務局
UP

2024/04/22(月) 11:34

ホラー&ミステリー出版事務局

「ホラー&ミステリー短編大賞」

【新刊発売記念】「ホラー短篇集・発狂山」大和田龍之介(著)期間限定(特典...

クリエイティブメディア出版/広報局です。 【新刊発売記念】「ホラー短篇集・発狂山」大和田龍之介(著)1月28日発売:期間限定(特典:直筆サイン入り)キャンペーンを開催致します。 ◆新刊発売記念特設サイトはこちら 「ホラー短篇集・発狂山」に掲載される短編作品は、第一回ホラー&ミステリーコンテストにて「最優秀小説部門賞」受賞の『発狂山』他『戦慄のメアリー』及び渾身の書下ろし2作品を収録。1冊の本にまとめました。 また、今回の発売となる「ホラー短篇集・発狂山」は、大和田龍之介氏の紙出版での作家デビュー作となります。 【特設サイト購入:期間限定特典】 下記特設サイトからご購入頂いた方限定で大和 […]

書棚(推薦書)
UP

2024/04/22(月) 09:00

書棚(推薦書)

*推薦書(書棚)クリエイティブメディア出版

「なんでもロボ」(著)大橋靖子(おおはしやすこ)...

第1回クリエイティブメディア出版「えほん児童書コンテスト」で児童書部門『特別賞』受賞作。ロングセラー作品。 (著)大橋靖子「なんでもロボ」Apple Books *作品名:「なんでもロボ」 *著者名:大橋靖子(おおはしやすこ) *著者プロフィール: 大橋靖子(おおはしやすこ)兵庫県在住。日本文学館ノベル倶楽部に所属。 *ストーリー: ある日、パパが家事を何でもやってくれる『なんでもロボ』を買ってきた。大助かりのママに、手伝いをさせられなくてホッとした「たかお」。ところが、ママの育児放棄が始まり意外な方向へと暴走してしまうのです。例えば、主婦仲間に「ロボットの貸し出し」ビジネスを始める。1週間の […]

媛ヒメル
UP

2024/04/16(火) 11:11

媛ヒメル

「味覚ノスタルジア」執筆中

「シールが捨てられない!」...

家に遊びに来た人に必ず言われることがあります。 「ねぇ、これ何?」 野菜などを入れる棚の表面に、さまざまな種類のシール(値段のシールやセロハンテープ、ガムテープの切れ端)が所狭しと貼られています。「あ、これはね──」毎度のことなので、あ、やっぱり聞かれた、と思いながら説明を始める私。「床やテーブルの掃除に使うの。ベタベタしてるからすごいよくゴミが取れるんだよ」「へぇ。そうなんだ。ふぅん」みなさん納得してくれますが、なんとなく微妙な表情をしています。確かに、あまり見栄えのいいものではありません。なんといってもすべて何かに使われた後のシールなのですから。よれていたり、包み紙や段ボールがところどころ […]

新高なみ
UP

2024/04/09(火) 15:03

新高なみ

「カナと人魚の鐘」執筆中

「ばぁばのティ―カップと魔法の指輪」...

新高なみです。こんにちは。物語に登場するティ―カップと〈魔法の指輪〉をならべてみました。表紙と扉絵に描かれているカップは、イギリスの陶器、スージー・クーパーの〈パトリシアローズ〉です。 指輪は1950年代の、こちらもイギリス製のアメジスト。『カナと魔法の指輪』のイラストを描いた時、指輪は想像でデザインしたのですが、出版から数年後、京都のアンティークショップでイラストとそっくりな指輪を発見。 「魔法の指輪だ!」と思わず買ってしまいました。

書棚(児童書)
UP

2024/03/27(水) 09:50

書棚(児童書)

*えほん・児童書(書棚)クリエイティブメディア出版

ぼくはのらねこ 名前は「くま」(著)こづかまや...

第2回クリエイティブメディア出版「えほん・児童書コンテスト」で児童書部門「ほほえみ賞」受賞作品。ロングセラー。 こづかまや(著)ぼくはのらねこ名前は「くま」 *作品名:ぼくはのらねこ名前は「くま」 *著者名:こづかまや *著者プロフィール: 熊本女子大学(現、熊本県立大学)文学部、国文学科卒。クリエイティブメディア出版主催「えほん児童書コンテスト」にて「ぼくはのらねこ名前は『くま』」で「ほほえみ賞」を受賞。「そらくんサーカスへいく」で「ほほえみ賞」を受賞。「あいちゃんと不思議なアルバム」で「特別賞」を受賞。電子書籍として「ぼくはのらねこ名前は『くま』」を発売。 *ストーリー: 孤独で劣等感のか […]

渡部研一
UP

2024/03/22(金) 08:08

渡部研一

「ゲーミングBOOKS」執筆中

水原一平氏問題...

ようやくMLB開幕、という折しものこのとき、突然に「…専属の通訳、解雇」の知らせ..これには驚かされました。この先、国内のIR業界まで、道は遠いなというのが同時に連想したことです。 元カジノ事業者が大統領となれる国: 元カジノ事業者が大統領となれる国ですら、オンライン系カジノを違法とする向きの多い米国、ここでも派手な出方をしたものです。同じIR事業でもラスベガスを代表するランドベース(地上施設型)カジノはオンライン系事業を目の敵にしてきた現実があります。歴史的には後発のオンライン系のほうが設備投資は少なく、収益は大きい、そのため地上型事業者のベガスにはにらまれてる存在なのをご存じか。 今回、米 […]

書棚(ビジネス)
UP

2024/03/13(水) 17:50

書棚(ビジネス)

*ビジネス書(書棚)クリエイティブメディア出版・松田書店

「最短で収入を得られるブログの正しい作り方 」池原正人 (著) SEO対策なん...

クリエイティブメディア出版/キャスティング局です。 Amazonの注目のKindle書籍をピックアップ。 「最短で収入を得られるブログの正しい作り方 」池原正人 (著) 2021年2月21日発売当初は、複数のジャンルで1位、2位を獲得。ロングセラー本。現在も100位以内に度々ランクインする注目の良書。クリエイティブメディア出版のグループ出版社「松田書店」のギャラクシーレーベルから絶賛発売中です。 *【実績】Amazon社/Kindle出版:第1位「2冠」ベスト3「4冠」 第1位– IT (新着)(2/23) 第1位グローバル・マーケティング(新着)(3/11) 第2位-SNS・ブロ […]

松田提樹
UP

2024/03/13(水) 12:34

松田提樹

出版ブランディング思考/編集者

オリジナルグッズ(非売品)をつくりました(^^)/さて何でしょうか?...

出版ブランディング思考の松田提樹です。 「出版大賞9」「えほん・児童書大賞」「ホラー&ミステリー短編大賞」の受賞者が出揃いました。スタッフみんなで受賞者の皆様に向けて大忙しで準備を進めてます。 大忙しの中、出てきたのがグッズの話。 作家さんの執筆で、あると「便利!」で、しかも、使う度に「モチベーションがあがりそう」なグッズ。しかも、毎日使ってもらえそうなグッズ。何かないかな?ということありました!さっそく作ってみました。 じゃじゃーん。 ■YouTube動画(テンションが伝われば良いかな) なかなかカッコいいグッズができました。 オリジナルのロゴ入り鉛筆です。 クリエイティブメディア出版を英語 […]

編集部
UP

2024/03/07(木) 08:41

編集部

クリエイティブメディア出版

出版社でしか出せないApple社、Google社の電子書籍は大きなメリット*「書棚...

クリエイティブメディア出版・編集部です。 技術部よりお知らせ 電子書籍の新刊リリースに合わせて、既刊本も同時に紹介される「専門書棚」が復活。バージョンアップとなります。複数の「専用書棚」リリースに合わせて、Apple社の「Apple Books」及びGoogle社の「Google Play Books」の書籍の追加を開始致します。 *誰でも出せる訳ではない。だから価値がある 電子書籍といっても色々な種類があります。その中でも出版社でないと電子本の販売取引できない企業がApple社、Google社です。 Apple社では、「Apple Books」、 Google社は、「Google play […]

田中真由美
UP

2024/02/20(火) 20:36

田中真由美

英語発音の専門家/田中真由美

遺伝子検査-私たちの祖先を分類するグループ...

Hello, everyone! 以前勤めていた銀座の英語発音矯正学校で 初めて講師としてレッスンを受け持った際、 担当の生徒さんは内科医の先生でした。 それまで医師の方を先生と呼ぶことはあっても、医師に先生と言われたことはなかったので 緊張感を覚えながら それでも自分でも驚くほどスムーズに、難なく指導することができました。 祖父が校長先生だったので、きっと遺伝的にも先生に向いているのだなと 初日から自信がついたものです。 それから15年、今では独立し多くの素晴らしい生徒さんにも恵まれ 英語発音の専門家としてこうして長年活動できていることは 本当に有難いことであり、 祖父やご先祖様に温かく見守 […]

トピックス